製品紹介

PC定着システム SEEE/FUTシステム

NETIS登録No.KT-990229-V

SEEE/FUTシステムは、ウェッジを用いてPCケーブルを構成するPC鋼より線を個別に定着するくさび式定着システムです。定着体は荷重分散トランペット型であり、ケーブル緊張力を効率的に構造物に伝達します。そのため、定着具が小さく軽量であり、コンパクトな配置が可能です。

[写真:那智勝浦道路 木ノ川高架橋(和歌山県)]



構造と特長

構造

SEEE/FUTシステムは、内ケーブル、外ケーブル(グラウトタイプ・ノングラウトタイプ)に対応し、PC鋼より線、亜鉛めっきPC鋼より線、および樹脂で被覆された防錆被覆PC鋼より線への適用が可能です。



PC鋼より線・亜鉛めっきPC鋼より線用定着具

防錆被覆PC鋼より線用定着具
<適用タイプ>

PC鋼より線・亜鉛めっきPC鋼より線用定着具:12T13、12T15、19T15
防錆被覆PC鋼より線用定着具:19T15


特長

  1. トランペットアンカーがコンパクトで軽量
    複数のリブを用いた荷重分散形状であるので、1辺寸法が小さく軽量であり、コンパクトな配置が可能です。
  2. 多様なPC鋼材に対応
    PC鋼より線、亜鉛めっきPC鋼より線、防錆被覆PC鋼より線で構成される様々なケーブルタイプに対応します。
  3. 豊富な付属品をラインナップ
    プラスチック製グラウトキャップ、グラウト充填状況が目視確認可能なメーテルダクト(半透明シース)など時代のニーズに合わせた豊富な付属品を取り揃えています。
  4. 径間ごとにグラウト可能な接続具
    分割施工時に用いる『C型接続具』は定着と接続を兼ねた構造で、径間ごとのグラウト注入が可能です。
    また、接続状況が目視確認できます。
  5. 3重防錆PC鋼より線(FUTストランド)が使用可能
    FUTストランドは、亜鉛めっきPC鋼より線にグリースをアンダーコーティングし、ポリエチレン被覆を施した3重防錆PC鋼より線です。被覆厚が1.5mmと厚く高耐久型であり、施工性に優れます。

適用可能なケーブル構造

施工事例


はまゆう大橋(静岡県)

裏高尾橋(東京都)

ページの先頭へ