製品紹介

施工技術 SEEE/PCグラウト注入管理システム

本システムは、PCグラウト工事において、それぞれの管理値をデジタル計測機器を用いて計測し、パソコンに集約することで、 高精度のPCグラウト品質管理を行うシステムです。

システムの概要

  • グラウト注入経路の注入側と排出側に計測ボックスを配置し、施工中の@グラウト注入速度と注入量、A注入圧力、Bグラウト温度を計測します。
  • 計測したデータは、リアルタイムにパソコンへ集約し、モニタ画面上にグラフ等で表示します。
  • 必要に応じ各測定項目に閾(しきい)値を設け、それを超過もしくは下回る場合は警告します。

システムの特長

  1. パソコンによる注入作業の一元管理
    パソコンのモニター画面上で、注入量や注入圧力の状況、PCグラウトの温度変化をリアルタイムに把握でき、 作業中に行う中間排気口や排出口に到達するタイミング、注入圧力や配合の調整指示、設計注入量に対する管理等、 PCグラウト注入作業の一元管理が行えるため、施工性が向上します。
  2. 正確な注入量の計測
    注入側だけでなく排出側にも計測ボックスを配置して計測を行い、注入側で計測する注入量と 排出側で計測される排出量の差し引きにより、ダクト内に充填されるPCグラウト量を正確に計測できるため、 グラウトの充填性に対する信頼性が向上します。
  3. 連続的な温度管理
    PCグラウトの充填性に大きく影響を及ぼす要因の一つである流動性の変化は、PCグラウトの温度変化を計測することで 容易かつ的確に捉えることができるため、連続的な温度管理により安定した品質のグラウト施工を行うことが可能です。 また、寒中および暑中グラウトの品質管理にも有効です。
  4. 各粘性タイプに対応可能
    超低粘性から高粘性までの粘性タイプに対応できます。
  5. 真空グラウト工法に対応
    注入圧力は負圧も計測が可能なため、真空ポンプを併用した真空グラウト工法にも対応できます。
  6. 計測データの保存と管理
    計測記録および計測日時が自動的にパソコンに保存され、施工履歴の管理が確実に行えます。また、報告書の作成も容易に行えます。

注入管理

① 計測シート(計測したデータの記録)
② モニターシート(リアルタイムの計測値を表示)
③ PCグラウト温度の経時変化
④ PCグラウトの瞬時流量と注入圧力の経時変化
⑤ PCグラウトの設計注入量と積算注入量の経時変化


施工管理シート


施工状況


注入管理状況

計測ボックス使用状況

ページの先頭へ