製品紹介

アーチ橋用吊ケーブル SEEE/F-PH型ケーブル

斜材ケーブルとして斜張橋やエクストラドーズド橋に数多くの採用実績があるSEEE/F-PH型ケーブルは、高い防食性能、優れた施工性や高い疲労性能が評価され、ニールセンローゼ橋やアーチ橋用の吊材としても採用されています。

[写真:新渡大橋(新潟県)]




構造と特長

F-PH型マンション断面

防錆機構

ポリエチレン被覆+防錆油

機械的性質

引張強度 σpu=1720・1860N/mm2
弾性係数 E=195kN/mm2
疲労強度 Δσ=100〜200N/mm2

特長

F-PH型ケーブルは、現場での防食作業を不要とする取り扱いが容易なプレファブ型ケーブルです。


  1. 汎用性
    斜張橋、エクストラドーズド橋、ニールセン橋、吊り床版橋、外ケーブル構造などのケーブルとして採用されています。
    また、線材はJIS規格の材料(JIS G 3536)を使用しています。

  2. 安全性
    定着部のマンションは、冷間圧着により線材と一体化されていますので、定着効率は規格引張荷重の100%以上を確保しています。
    また、ねじ式定着方式のため、定着時のすべりが生じません。

  3. 疲労特性
    ケーブル定着部の疲労強度特性は、道路橋示方書・U鋼橋編(H24)の強度等級K2(200N/mm2)を満足しています。
    上限0.6Pu時 Δσ=100N/mm2相当
    上限0.4Pu時 Δσ=140N/mm2相当
    上限0.3Pu時 Δσ=160N/mm2相当

  4. 耐候性・防食性
    ケーブルは防錆油とポリエチレン被覆で2重防錆されているので、優れた耐候性・耐久性を有しています。
    また、定着部のマンションねじ部は、金属溶射による防錆処理が可能で、長期防食性に優れています。

  5. 施工性
    ねじ式定着具のため、緊張作業および張力調整を容易に行うことができます。
    また、端部にインナーボルトを設置していますので、配線時の引込や吊上げ、緊張作業を容易に行うことができます。

  6. 景観性
    ケーブルの被覆材は、二重被覆により表面を着色することができます。

  7. その他登録
    国土交通省のNETISに登録されていました。(KT-0600097-A)

本四公団大型疲労試験による載荷状況


施工事例


不動橋(岩手県)

堂面川橋(福岡県)

ページの先頭へ