製品紹介

段差防止構造 SEブロック

SEブロックは、大地震の発生時に緊急避難や緊急車両の通行を確保するために、支承部が被害を受けた場合でも路面に発生する段差を最小限に抑える装置です。
CHR緩衝バーに採用している補強繊維ゴムを採用することにより、桁落下時の衝撃を吸収します。




特長

  • 桁下空間に合わせ自由な高さ設定が可能です。
  • CHR緩衝ゴムにより、桁落下時の衝撃力を緩和します。
  • 金属溶射のため、優れた耐久性を有します。
  • 上部工の勾配に応じた天端面の角度の対応が可能です。
  • 4本の打ち込み式ボルトで容易に設置します。

材質・規格・概略寸法


部材種類 材質 防錆処理 部材寸法 (mm)
タイプ400 タイプ700
CHR緩衝ゴム(厚さ50o) 補強繊維ゴム 300 x 300 650 x 300
鋼板A SM400同等以上 Zn・Al擬合金溶射 350 x 300 650 x 300
鋼板B SM400同等以上 Zn・Al擬合金溶射 350 x 300 650 x 300
角鋼管 BCR295 Zn・Al擬合金溶射 □250 x L @ 1 □250 x L @2

ページの先頭へ